GOTH-TRAD(DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill)

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター。
2001年、秋本"Heavy"武士とともにREBEL FAMILIAを結成。ソロとしては、2003年に 1stアルバム『GOTH-TRAD I』を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートし、積極的に海外ツアーも始める。2005年には、自作楽器・エフェクターを駆使した、実験的な2ndアルバム『The Inverted Perspective』をリリース。同年11月にはMad Raveと称した新たなダンス・ミュージックへのアプローチを打ち出し、3rdアルバム『Mad Raver's Dance Floor』を発表。
『Mad Raver's Dance Floor』に収録されたタイトル「Back To Chill」が、ロンドンのDUBSTEPシーンで話題となり、2007年にUKのSKUD BEATから『Back To Chill EP』を、DEEP MEDi MUSIKから、12”『Cut End/Flags』をリリース。8カ国に及ぶヨーロッパツアーの中では、UK最高峰のパーティーDMZにライブセットで出演し、地元オーディエンスを沸かした。以降、国内外からリリースを続け、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア等、毎年、世界中でコンスタントにツアーを重ねる。
2012年には待望のアルバム『New Epoch』をUKのDEEP MEDi MUSIKからリリースし、Fuji Rock Festival 2012に出演。2011年~2014年にかけて、数々の欧米ビッグ・フェスにも出演してきた。2015年、再びダブプレートをカットし始め、完全にVinyl OnlyのDJスタイルにシフトする。
アンダーグラウンドシーンで注目を集めるノイズコアバンド”ENDON”のリミックスを手がけ、5月にMerzbowのリミックスと共にスプリット12”がDaymare Recordingsよりリリースされる。
12月には、日本が世界に誇るバンド”Boris”とのコラボレーションイベント”Low End Meeting”を代官山UNITにて開催し、共作”DEADSONG”を披露。 サウンドシステムを導入した、超重低音かつ実験的なアプローチのライブが話題となった。2006年より始動した自身のパーティーBack To Chillは、2014年11月にREDBULL MUSIC ACADEMY TOKYOとスペシャルイベントを開催し、遂にBACK TO CHILLレーベルを始動。
記念すべきBACK TO CHILL10周年を迎えた2016年、待望のニューアルバム”PSIONICS”のリミテッド・ダブプレートバージョンを特別会員限定でリリース。 2017年には通常版”PSIONICS”のリリースを控える。

http://www.gothtrad.com

http://www.facebook.com/gothtrad/p>

http://soundcloud.com/goth-trad

http://twitter.com/GOTHTRAD

http://backtochill.com/

BLACK GANION

切り裂きジャックは、テレビを見ながらこう言った。
「かつて、俺は怪物だった。現代では、俺は素人に過ぎない。...俺こそが未来なんだ」
1888年、ホワイトチャペルで起きた連続殺人事件のバックに流れていたのは、ヴィクトリア朝のミュージック・ホールの調べだった。そして2013年、時代の混沌を彩るサウンドトラックが、ブラック・ガニオンだ。
インターネットに接続してみよう。ディスプレイ画面に映し出される血生臭い映像の数々は、人間が根本的に破壊と殺戮を愛する生物であることを物語る。アラブ諸国の民衆蜂起(インティファーダ)やルーマニア革命は、自由を求める気高き精神に基づく闘争といわれる。だが、彼らの投げた石は占領者の頭部を砕き、 銃弾は独裁者とその妻を貫いた。”自由”すらも真っ赤に血塗らずにいられない、それが人間の性なのだ。
”スーパー・メタモルフォシス・グラインダー”ことブラック・ガ二オンは、2003年の結成以来、声なき声を轟音と絶叫に変えて、世界にぶつけてきた。泥濘のスラッジは怒濤のグラインドコアへと雪崩れ込み、チルなダブのカッティングはいつしかドゥーム・リフ、そしてケイオティックな混濁へと変異していく。エクストリーム・ミュージックとダブステップの邂逅の最初の成功例のひとつは、彼らがGOTH-TRADとの「METHOD」コラボレーションで成し遂げたものであろう。
ただ、彼らの音楽は単なるジャンルの羅列ではない。ひとつのスタイルに固執しないことで、その真の音楽像が浮き彫りになってくる。聴く側にも、同様のことが言える。ブラック・ガ二オンの音楽に向かいあうには、スタイル化されたモッシュではなく、本能を解き放つことが求められるのだ。彼らのステージは、自由と攻撃性の饗宴という、現代世界の縮図である。
2004年のEP『HAKKYO』、2005年のライヴ作『BLASPHEMY PACK』を経て、彼らは2007年に初のフルレンス・アルバム『FIRST』を発表。続いて2010年にはライヴLP『LIVE AT HUCK FINN “REST IN PEACE... AI”』、アメリカのローダナムとのスプリット作『ULTRASONIC GENERATOR SCHEMATIC』などをリリースする一方で、彼らはブルータル・トゥルース、サンO)))、エレクトリック・ウィザード、オム、カイレッサ、ネイルズ、トータル・ファッキング・ディストラクションなど海外アーティストとの共演も果たしながら、鮮烈なメタモルフォシスを遂げてきた。2013年、バンド結成10年という節目に世に問うのが、本作『SECOND』だ。
テロ、戦乱、暴動と、世界は混迷を深めていく。『SECOND』は、そんな時代を切り取ったドキュメントとして、リアルに迫ってくる。
日常と戦場の境界線は、もはやない。ブラック・ガ二オンは、最前線の音楽だ。 

RAMZA(MdM)

名古屋を拠点とするMOST STRANGE。
ビートメイカー、コラージュ作家。
音、絵、共に明確なルールは存在しない。血と鉄の匂い。そして涙がある。誰かがそう言った。メッセージは無い。
そこにあるのは陶酔だけ。
2014年、盟友Devecly BitteとのスプリットEPをRemixerにDUB-Russell、Free Babyroniaを迎え『+MUS』からリリース。
Campanella、C.O.S.A. × Kid Fresino等、数々のラッパーへのビート提供。BUSHMIND、Free The Robots、nervs、tofubeats、RC SLUM、レミ街、仙人掌、等のRemix work。
「LA?JPN?LA Vol. 1」を先駆けにPEACE OF MIND Compilation (Perfect Touch) への参加など、その音像で話題を攫った。
コラージュ作家としては、2016年、盟友 risa ogawa、Yukio Rodriguezと共に、Group Exhibition『一絲 / 喪失 / 東雲』を開催。大阪はVOYAGE KIDSでの作品販売から、気まぐれで産生されるZINEなど活動は多岐に渡る。

JUNTARO(OmnivoreZ)

将軍 (fluid-Nagoya)

2007年9月から始めたRAZOR SHARPは、ベースミュージックを基本しつつに巧みに無理矢理感なく融合していくEXTREMEなパーティースタイルと自身の人柄が手伝って、 既存の枠を越えた大きな反響を得る。
パーティーオーガナイズ活動を反映してDRUM&BASS主体だったDJスタイルにも徐々に変化していく。
各地のパーティーを渡り歩いて培った 独自の審美眼とBASS MUSIC/TECHNO/HOUSEなどを柔軟に取り入れたDEEPかつ尖った選曲で、エスクペリメンタルでありながら音楽の幅を兼ね備えたプレイスタイルで、 カテゴリーに囚われないサウンドスケイプを放ちフロアーを深く揺さぶる。
2012年末大阪のレーベルNODEから、2015年fluid-NagoyaレーベルからMIXCDをリリースし好評を博す。
またKOJA, Campanellaとの”返杯"やDUB 4 REASON,ESPY ONEとの”BACTERIA JUICE TOUR"に参戦、"ZOO" , “DUB ME CRAZY”“DELIGHT”の立ち上げなど…
じわりじわりと活動の幅を広げ、異彩を放ち今もなお進(深)化し続けている。